【BASE】Google商品連携・広告Appをインストールしてみた

私のアクセサリーブランド、Sedmikraskyはpinkoi等にも出品していてGoogleショッピングで商品ページが表示されていますが、一番更新に力をいれているBASEのショップだけ表示されていませんでした。
なんでBASEの商品だけGoogleで表示されないんだろうと思っていた矢先、Google商品連携・広告Appの発表が。待ってました~!とばかりにAppをインストールし手順に沿って連携しました!

”Google商品連携・広告 App”とは?

Googleの商品管理サービスであるGoogle Merchant Centerのアカウントを作成し、「BASE」のショップや商品の情報を連携できるサービスのこと。また、広告の配信もできるBASEの拡張機能です。



Google商品連携・広告Appインストール手順はとても簡単でした!

手順1:「Google商品連携 App」をインストールする
パソコンからBASEの管理画面にログインしGoogle商品連携 Appをインストールします。

手順2:「Google Merchant Center」のサブアカウントを作成・連携する
ログインしているGoogleアカウントで「Google Merchant Center」のサブアカウントを作成します。また、「Google商品連携・広告 App」では、Google Merchant CenterサブアカウントおよびGoogle 広告アカウントの「新規作成」のみ対応しているようです。

手順3:Googleの審査結果を確認する
アカウントを設定後、3時間程度で「BASE」の商品がGoogle Merchant Centerへ連携されます。Google Merchant Centerの商品連携後、Googleで商品の審査がされます。審査には、3-5営業日かかるようです。が、私の場合は最初の審査がNGで再審査後に全ての商品が承認されるまで半年程かかってしまいました。。

注意!ポリシー違反商品は承認されない

商品ページ内に1点でもGoogleのショッピング広告のポリシーに引っかかる商品がある場合は表示されないようです。
Sedmikraskyの場合はお直しサービスのページが不承認になってしまいました。BASEの注意事項にも商品として形が残らないサービスはNGとの記載があったので、お直しサービスのページを削除しました。

NG商品のページ削除後、再審査の申請をしてやっと全ての商品が承認になりました。

審査が通りSedmikraskywebshopのアイテムもGoogleショッピングに表示されるようになりました!

AppインストールからGoogleショッピングに表示されるまで半年くらいかかってしまいましたが、無事に表示されるようになって良かったです。Googleのポリシーも1点でも違反している商品がある場合、不承認になってしまうようなのでGoogleショッピングに商品が表示されない方はGoogleのポリシーを見てみてください。