【手順】BASEで独自ドメイン設定をしてみた!

SedmikraskyのオンラインショップはBASE(ベイス)で作成しています。

お名前.comで取得したドメインを設定しましたがBASEヘルプページに沿った手順だけではできなかったのでいろいろ調べてやっとできた独自ドメイン設定手順を紹介しています。

お名前.comで取得したドメインをConoHaサーバーとBASEで併用したい

今回の目的は以下内容になります。
お名前.comで取得したドメイン(例:sedm-jewelry.com)→ルートドメインはConoHaのサーバーに接続しWordPressを利用。
サブドメイン(例:shop.sedm-jewelry.com)→BASE(ベイス)のサーバーに接続しオンラインショップを運営したい。

【前提条件】
*BASEにてショップ作成済み
*お名前.comでドメイン取得済み(例:sedm-jewelry.com)
*ルートドメイン(例:sedm-jewelry.com)でWordPressを利用している状態(ConoHaのレンタルサーバー)
*新たにサブドメイン例:shop.sedm-jewelry.com)をオンラインショップ用にBASEで利用する

これからお名前.com、ConoHaのレンタルサーバー、BASEに登録する際は下記からお申し込みすることができます。

*ConoHa 【国内最速No.1】高性能レンタルサーバーConoHa WING
*BASE 無料ショップ開設なら【BASE】
*お名前.com 【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

お名前.com側の設定方法




1, お名前.comの管理画面にログイン
お名前ID(会員ID)、パスワードを入力し管理画面にログインします。

2.「ドメイン」>「ドメイン機能一覧」メニューに移動
ヘッダーメニューのドメインアイコンからドメイン機能一覧を選択しページを開きます。

3.「DNS関連機能の設定」メニューに移動
ドメイン機能一覧、よく利用されるお手続き内の「DNS関連機能の設定」を選択します。

4.対象ドメイン名にチェックを入れて「次へ進む」
DNS設定(サブドメインを追加)したい対象ドメイン名にチェックをいれて次へ進みます。

5.「DNSレコード設定を利用する」→「設定する」

6.「入力」の項目にて以下の内容を入力し、最後に「追加」ボタンを押す
*サブドメインをBASEに接続するための設定
ホスト名:BASEに設定したい任意のサブドメイン名を入力(例:wwwやshopなど)
TYPE:「CNAME」を選択
VALUE:「cname.thebase.in」を入力

※重要※
以下設定を省略するとルートドメインにアクセスできずWordPressが表示されなくなってしまいます。

*ルートドメインをConoHaサーバーに接続するための設定
IPアドレスを入力しConoHaサーバーを直接閲覧するように設定します。
ホスト名:空白(今回ConoHaで利用するドメインはルートドメインなので空白になります)
TYPE:「A」を選択
VALUE:ConoHaサーバーで確認したIPアドレス(各自のサーバーIPアドレスを入力してください)

【*注意*】お名前.comにレンタルサーバー(ConoHa)のIPアドレスを直接登録して参照しているため、ConoHaのIPアドレスが変更されると閲覧できなくなります。ルートドメインにアクセスできなくなった場合はIPアドレスを確認し、変更されていたらお名前.comのDNS設定に再設定しましょう。

7.ページ下方の「DNSレコード設定用ネームサーバー変更確認」にチェック
事前に設定していたネームサーバーがお名前.comの転送用サーバーに書き換わります。

8.確認画面で内容を確認後、「設定する」→DNSレコード設定完了ページが表示されます

BASE管理画面側の設定方法




1.BASEのショップ管理画面にログイン
2.Apps>独自ドメインAppへ移動
「インストール」ボタンより進む
3.「ドメイン名」に設定したいサブドメイン名(例:sedm-jewelry.com)を入力して「保存する」
  正常に設定が完了すると以下の画面が表示されます


ネームサーバーの変更には時間がかかりお名前.com側でDNSが反映中の場合はエラーが出ます。最大72時間かかるようです。私の場合は1時間程で表示されました。

まとめ

BASEヘルプページの手順通りに進み「DNSレコード設定用ネームサーバー変更確認」にチェックを入れて完了しただけだと事前に設定していたConoHaのネームサーバーがお名前.comのネームサーバーが書き換わりConoHaサーバーにアクセスできずルートドメインが表示されなくなるという事態になってしまい困りました。

でも今回のようにお名前.comのネームサーバーを利用しつつ、ConoHaとBASE両方のサーバーを閲覧できるようDNS設定をすれば両方にアクセスできるようになりました!